プロフィール

はじめまして、みなじょぼです。

ご訪問ありがとうございます!

この「先生ライフ向上委員会」は、小・中学校の先生をしている方に向けた情報サイトです。

学校現場ではたらく先生の「仕事」と「プライベート」がより楽しく、より豊かになるような情報を発信していきます。

プロフィール

名前:みなじょぼ

年齢:30代

家族:夫と子ども

中学校教員として、6年間働いていました。

教員としての経歴

勤務年数

教員経験:10年間(6年間勤務→育児休暇→病気休職→退職)

持っている教員免許

教員免許:小学校、中学校、高校、特別支援

経験した仕事

大変だったけれど楽しかった初任校

1年目:副担任

2年目:中学1年担任

3年目:中学2年担任、公開研究会特設授業

4年目:中学3年担任

5年目:副担任、生徒会担当

初任校とのギャップに苦しんだ2校目

6年目:異動→中学1年担任

7年目:産休・育休

8年目:育休

9年目:育休

10年目:病気休職→退職

 学校の先生を志した理由

わたしが教員を目指したのは、中学2年生のときです。思春期真っただ中で、不安定だった私に、担任の先生がこんな言葉を掛けてくれました。

「あなたは今、いろんなことに悩んでいる。だからこそ、学校の先生に向いている。学校の先生になれば、いまの悩んでいる経験を活かせるのではないか?

(自分の悩んだ経験を活かせるって、とてもいい考えだな)と思い、大学に進学しました。

「先生ライフ向上委員会」を運営する理由

1 うつ病になったから

教員生活6年目のときに仕事の関係で心を病み、精神科に行きました。

薬を処方されましたが怖くてあまり飲めず、妊娠したため服薬も通院も止めました。

出産後、慣れない育児と寝不足、ホルモンバランスの変化によりうつ病を発症(おそらく再発)しました。

心の不調を感じてから4年たった今でも、私には3つの後悔があります。

  1. 心を病まずに働く方法はなかったのだろうか。
  2. 心の不調が治るまで、しっかり治療すればよかった。
  3. 産後はうつ病になるリスクが高いということを、早くから知っていればよかった。

「私のように苦しむ人が、1人でもいなくなって欲しい」 と願いながら記事を書いています。

2 教員1~3年目に苦労したから

ついこの間まで大学生だったのに、突然「先生」になり、生徒の前に立つようになると

  1. うまく話せない
  2. うまく説明できない
  3. 自分が理解していることと、教えられることは違う

と思い、うまく授業ができませんでした。

それでも、始業チャイムは鳴って、授業をしなくてはいけません。

わたし自身の授業の組み立て方や、生徒指導について発信することで、若手教員の力になりたいと思っています。

3 作家になりたかったから

小さいころから本を読むのが好きで、ずっと、自分の言葉で何かを書きたいと思っていました。 でも、何を書いたらいいのか悩んでいるうちに30代になってしまいました。

「自分は物語を創るよりも、自分の経験を書く方が向いているかもしれない」と思い、それならば自分が人生を懸けて取り組んでいた「教員」という仕事について書いてみようと思い、このサイトを開設しました。

「先生ライフ向上委員会」を読むと勉強になるし、息抜きもできる!

と言われるような、学校の先生なら誰もが知っているサイトを目指します。

これからどうぞよろしくお願いします!

職員室の机を便利にするアイテムや、おすすめの教育書・おしゃれジャージ・おうち時間を楽しくするアイテムなどを、楽天ROOMに載せています。

よろしければご覧ください。       

楽天ROOMを見る