先生とうつ病

中学校教員がうつ病で休職してから退職するまでの全記録

あなたは今、とてもつらい状況にいるのではないですか?

このページにたどり着いたという事は、「うつ病 教員 休職」などという言葉が、頭に浮かんでいるのではないかと思うからです。

今回の記事では、休職を考えている小学校・中学校の先生に向けて、休職から退職するまでの流れを説明します。

みなじょぼ
みなじょぼ
これから紹介する「休職から退職までの流れ」は、あくまでも「わたしの体験談」です。休職や退職を考えている場合は、所属校の管理職に必ず相談してください。

休職するまでの流れ

公立学校の中学校教員が、うつ病が原因で休職する場合の流れを説明します。

1 「育休が終わるが、復帰せずに休職したい」と校長に伝えた (2018年秋)

わたしは、メンタルの不調を抱えながら妊娠・出産し、「産後うつ病」になりました。

ささいなことにも心が揺れ動いて、体がだるく動けなくなるため、先生として働くのは不可能でした。

しかし、仕事に復帰したいという気持ちがあったので、退職ではなく休職したいと考えていました。

そこで、2017年の秋提出の人事調書に「現在の体調をふまえ休職したい」と書きました。

校長は、2018年4月1日から休職できるように動いてくれることになりました。

2 医師の診断書をもらい、職場に提出する(2018年3月)

年が明けて、2018年の3月になりました。

いつも通っている精神科で、担当医師に

みなじょぼ
みなじょぼ
仕事を休職したいと思っている。うつ病で仕事ができないという診断書を書いてほしい

と伝えました。

私は「1年間の休養を要する」と書かれた診断書を書いてもらいました。

※診断書の期間は「1カ月」や「3カ月」など、さまざまな場合があります。診断書を取る場合は、必ず職場と医師に相談してください。 

3 教育委員会から「有給欠勤の承認について」という通知が届く(2018年3月)

病気休職をするには、まずは「90日間の病気休暇」を取らなくてはいけません。

2018年4月1日から、90日間の病気休暇を取ることになりました。 

みなじょぼ
みなじょぼ
すぐに休職扱いになるワケではないって、休職すると管理職に伝えてからはじめて知ったよ。

休職開始

公立学校の中学校教員の休職がはじまってからの流れを説明します。

1 病気休暇(2018年4月1日から90日間)

f:id:minajovo:20190313114113j:plain

2018年4月1日から、病気休暇がはじまりました。

といっても、生活は何も変わりません。

変わったのは、給料が振り込まれるようになったことです。 この期間は、給料が100%支給されます。

1日も出勤していないけれど、書類の上では復帰したことになりました。なので、給料ももらえました。ありがたかったです。 

2 病気休職開始(2018年6月下旬~2019年3月31日)

90日の病気休暇が終わったら、病気休職になります。

職場には1年間の診断書を提出していたので、「休暇」から「休職」に変わっても、特に提出書類はありませんでした。

退職に向けての流れ

公立学校の中学校教員が、うつ病が原因で休職してから、退職するまでの流れについて説明します。

1 次年度について校長と話をする(2018年秋)

秋の人事調書提出の時期に、校長に「次年度も休職しますか?」と電話で聞かれました。

病気休職は最大3年間取得することができます。

しかし、復帰するには「職場復職訓練」というプログラムを学校で行う必要があります。

もう1年休むか、退職するか…正直悩みました。

夫と話し合った結果、わたしは今の体調や生活状況を考えて、退職することに決めました。


2 人事調書を提出する(2018年秋)

f:id:minajovo:20190313115739j:plain

「退職する」という意思を書いた人事調書を提出しました。

校長からのコメント欄には、「本人の意思を尊重する」と書いてありました。

3 退職関係の書類を書く(2019年1月~3月)

職場に提出したものは、次の7つの書類です。

  1. 退職手当口座振替申出書
  2. 退職手当調書
  3. 退職所得の受給に関する申告書(退職所得申告書)
  4. 預金通帳の写し
  5. 退職届書(共済組合提出用)
  6. セカンドライフ支援金・積立還付金請求書
  7. 共済組合の任意継続組合員申出書
みなじょぼ
みなじょぼ
ドラマでよくある「退職届」は書かなかったよ。

4 保険証を職場に送る(2019年3月)

共済組合は任意継続することにしましたが、保険証は一度返納する必要があります。

手続きは職場を通じて行います。

5 辞令交付式

退職の辞令交付式が3月末にありました。 わたしは出席しなかったので、辞令を郵送していただき、後日受け取りました。

6 新聞発表

公立学校教員は、新聞で人事が発表されます。退職者の欄に自分の名前が載ってはじめて「本当に退職するんだ…」という実感がわいてきました。

退職(2019年3月31日)

以上の流れを経て、中学校教員を退職しました。退職金は4月末に振り込まれました。

休職したり、退職したりする先生は数多くいます。しかし、経験者の話をきくことはあまりありません。

私の周りには同じ経験をした人がいなかったため、休職や退職がどんな流れで進んでいくのか、見通しが持てず不安でした。

私の経験とこの記事が、誰かのお役に立てれば幸いです。

注意してほしいこと

休職や退職までの流れは、所属する自治体や学校によって異なる場合があります。詳しくは、職場の管理職や事務職員に相談して進めてください。